株式会社ノトアロイ

Home 製品紹介 材質特性 製造工程 特殊処理 会社案内
製造工程

製造工程

超硬合金の主成分はWC(タングステンカーバイド)とCo(コバルト)です。これらはレアメタルであり、資源の保護のためその使用量を抑制する必要があります。弊社では、厳しい品質管理のもと、厳選された原料粉末を無駄なく使用する工程を確立しております。また、受注から出荷までのリードタイムを最適化し、工程が見えるよう、IT管理を推進してお客様に対し正確な情報がご提供できるように心掛けております。

配合 MIXING

数種類の原料粉末(タングステンカーバイト、コバルト等)を均一に混ぜ合わせます。材種によって粒の大きさや比率が異なります。

プレス PRESSING

配合された原料を型に詰め、円柱や円筒、ブロック状に押し固めます。製品の形状によってプレス方法や型が異なります。

予備燃焼 PRE-SINTERING

プレスで押し固めたものを600℃から1000℃に加熱し、成形加工できる硬さまで硬くします。

成形 MACHINING

焼結時の収縮量、焼結後の加工代を考慮し、指示図面の形状に加工します。加工によって生じた粉は配合工程で再利用されます。

焼結 SINTERING

成形加工した製品を1300℃から1500℃に加熱し完全に焼き固めます。超硬素材の完成です。

検査・出荷 INSPECTION & SHIPMENT

図面どおりの寸法になっているか、外観に異常がないかをチェックし、製品が欠けたりしないよう丁寧に梱包し、全国各地へ向けて出荷します。

Copyright (c) NOTOALLOY co.,ltd. All Rights Reserved.